読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

最近の流行りはセックスエントリーなのかな?

okuです。出張先では同僚と相部屋だったりするので、なにかと集中出来ないわけで、みんなのブログもきちんと読めてなかったりするわけですが、タイトルなどは見ているわけです。最近はよくセックスに関するエントリーがホットエントリーやスマートニュースあたりに登場していて、なんだか気になります。

 

気になっても集中して読めてないわけですけど、こういうのにブックマークが集まるのは人間は秋に発情するのかなぁ?なんてちょっと思いまして。少し寒くなって人恋しい季節ではあります。これからクリスマスなんていうビックイベントもありますしね。でも毎年どこでクリスマスが開催されているのかおれにはわからないのですよ。おれのところに案内はこないし、どんなことが行われているのか知りたいものです。

 

セックスという文字がこれだけ目に付くと、おれもセックスについて語ってやろうかと書き始めてみましたが、そういえばセックスというものをしばらくしていないことに気づかされて、これって自分で後ろに飛んで一人バックドロップをしているようなものかもしれません。

 

どうやってするのかあまり思い出せない忘却の彼方にセックスがあるわけです。悲しい現実です。それでも誰でもいいやとならないあたり変に大人になってしまったのですねおれは。セックス出来てないことも忘れて生活してるとか、どんだけ隠居生活だよ。

 

悟りを開いているわけではなく、相手がいないだけですが、そろそろおれも男としての役割を果たすために相手を探さなくてはいけませんね。でもなぁ・・・ふられるのこわいしなぁ。

 

そうは言っても、昨日気づいたカレーで辛い想い出はどんどん消していけるかもって思ったらおれも一歩前に出てみようかなぁなんてことも考えなくもないかもしれないと思わなくもない感じもするかもしれません。

 

セックスってようは棒を穴に入れるだけなんですが、そこに愛がないとちっともつまらないわけです。それはオナニーで済む話しで、相手がいるのにオナニーとは失礼な話しなわけです。ふたりが一緒になっているということに喜びを感じてそれが快感を高めるんだと思うわけです。だからこそ愛がないとだめなんです。その空間は喜びで満ちていないとだめなわけです。それがセックスなんだと思います。とはいえ、セックスだけが喜びじゃなくて、好きな子なら目を見ているだけでも、手をつなぐだけでも、なんならそばにいるだけでもいいもんですけどね。

 

そういうものだったような記憶があります。

 

おしまい。