読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

すべてがFになる 第4話 丁寧に進んでる感じ。こういうの好きです。

okuです。秋アニメ観てますか?豊作な秋アニメの中でもこれはかなり面白いほうの部類かと思います。

 

「すべてがFになる」

 

www.f-noitamina.com

 

理系ミステリィ

ジャンルで言うとこんな感じらしい。別にジャンルにこだわるわけではないけど。第4話まで観て、作画さえ気にならなければ、ストーリーは面白いのではないかと思う。視聴者とゆっくりと謎を解いていくスピードで話しは展開している。

 

あらすじ

犀川研究室の旅行で、愛知県にある妃真加島(ひまかじま)に向かった犀川創平と研究室の面々。犀川の恩師の娘である西之園萌絵も研究室の正式なメンバーではないが参加していた。妃真加島にはその所有者である真賀田家が設立した真賀田研究所があり、実は萌絵は研究所と多少の関わりがあったのだ。
真賀田研究所には優秀な研究者が集い、(世間の常識からは少し外れているが)彼らなりの論理・生活形態とそれを許容する環境の下で精力的に研究を進めている。その頂点に君臨するのが、真賀田四季博士。彼女は現存する最高の天才で、名実ともに研究所の活動の中心人物であった。そしてまた彼女は過去犯した殺人によっても有名人物であり、研究所の一画に隔離されている存在でもあった。
萌絵の提案で研究所を訪れた犀川と萌絵の前に、不可思議な死体が姿を現す。更に続いて起こる殺人事件。2人は研究所で起きた事件の謎にとらわれていく。

 

犀川創平(さいかわ そうへい)と、西之園萌絵(にしのその もえ)のやりとりが、理系のインテリっぽくて好きです。自分もちょっと賢くなった気分になれます。最後まで視聴決定です。

 

真賀田四季(まがた しき)のキャラもかなりいいです。物語の途中に、はさまれる昔の回想シーンのようなものがおじさんにはたまりません。天才というのは罪なのかもしれません。

 

 ロボットものや萌え萌えするアニメばかりではないんですよ。アニメを観ない層にもちょっと観てほしいかも。去年ドラマもやってたらしいのを調べてみて知りました。アニメ観終わったら、挑戦してみようかな。

 

出張で落ち着いてアニメが観れないので、週末にまとめて観る感じです。なのでこの辺にして次いってきまーーす。

 

おしまい。