読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

TPPの一番の問題って何なのか教えてあげるよ

okuです。日本ってさ、テレビで話題になったことがメインなニュースなのよね。だからみんなTPPのことってすっかり忘れてない?だって何か新しい動きがないとテレビなんて取り上げないじゃない。あ、最近は少し報道してるか。TPPは少しづつ固まりつつあるからね。今回はおれがまた適当に解説するから見ていきなさい。

 

ちなみにおれTPP反対の立場なんで、そこ理解したうえで読んでね。というか、反対になったのは、中立な立場で資料を読んでみて、反対になったということなんだけど、まずはTPPをよく知らないというなら、中立でいてほしいわけ。日本人ならそれが出来るはずだから。それで情報をまとめて、吟味して、反対か賛成か決めてほしいよね。

 

読んでほしいから今回は短く本質だけ語るよ。

 

日本での報道

TPPの報道といえば、まずは農業が槍玉にあがるよね。政治家が主要5品目を守るだのなんだの言うからそういう報道になるわ。これが、商品が安く買えるかというのを国民が望んでたら、政治家もそういう発言するわけ。テレビなんていうのは、観ている人が望んでるだろうということしか報道しないから。そして政治家も同じ。そういう発言しかしない。

 

本質は隠されてる

農業が厳しくなるのも、海外の商品が安くなる可能性があるのも正解。でもTPPってそんなことだけじゃないのよね。あらゆることの関税がなくなるってことだから。なんかさ、報道みてると、主要5品目を守るためにがんばってる的な伝え方してるけど、よく考えてみて。関税を0にするのがTPPだからね。守るもくそもないわけ。最終的には0になるけど、0になるまでの期間をどうしようかという話しだから。たぶん。

 

こんな関税の話しを説明してるけど、実は重要ではないわけ。いや、重要だけど今回の話しからみたら重要度が低いってことね。関税が0になること自体は、それぞれの国の努力でなんとかなる部分もあるよね。てか参加するならするしかないし。

 

もちろん農業に関しては猛烈に反対するよ。だって、それらのTPPを締結した国々とケンカ(戦争)になったらどうする?

 

具体的に言うと、海外ではメロンが高値で売れるからと、日本の農家がメロンばかり作るとするじゃん。TPPが完全に開始したら、農家だって生き残りをかけて、そういうことも考えざるを得ないじゃない。それで利益を確保するのはいいよ。でもさ、もしそうなってしまってから、メロンを輸出している国とケンカになったら、あるいは、メロンを作ることで、日本で消費する分の小麦や米を作る農家が激減している状況になったらどうするわけ?戦争で輸出入の制限が出来た場合に、困るのは日本人だから。生きるための農産物がない事態になるわけだから。

 

だから農業に関してだけは、TPPという枠組みに取り込んだらだめなわけ。有事のときに困るのはだめなんですよ。国民を死なせることになるわけだから。日本が守るべき産業だから。

 

農業よりも大変な問題

農業からみたらTPPって絶対に参加すべきではない協定なんだけど、そんなのは小さな問題と思えるような重大な問題がTPPには潜んでいるんですよ。これってどう考えてもおかしいんだけど、だれも逆らえないのかTPPの草案にしっかり載ってて、それがTPPの本質だと思うのよね。

 

1番も問題を教えます

おれが1番問題だと思っているのは「ISD条項」

 

ISD条項とは、「投資家対国家間の紛争解決条項」(Investor State Dispute Settlement)の略語であり、主に自由貿易協定(FTA)を結んだ国同士において、多国間における企業と政府との賠償を求める紛争の方法を定めた条項である。

 

概要


簡単に定義するなら、「ある国の政府が外国企業、外国資本に対してのみ不当な差別を行った場合、当該企業がその差別によって受けた損害について相手国政府に対し賠償を求める際の手続き方法について定めた条約」ということである。

もっと簡単に訳すなら、「自由貿易協定を結んだから、あたしたち外国企業だけいじめないでね!いじめたら賠償請求しちゃうから!!」ということである。 

 

ISD条項というのは昔からあって、日本もISD条項を含んだFTAなどを数多く結んでいます。しかし、今回のTPPは、アメリカ主導。これが問題。訴訟大国USA。訴訟の嵐になる可能が否定できないんです。

 

ISD条項の何が悪いのか

これの何が悪いのか。それは一言でいったら「二重司法」とでもいうのかな?投資家や企業が国を訴えることが出来るんだけど、国際投資紛争解決センターってとこでそれの判断をするわけ。


また例え話するけど、例えば、アメリカの自動車企業が、日本には軽自動車があるからアメリカのクルマが売れないのだ、軽の税金を上げて、デカイクルマと同じにしろ!なんて訴えるとするじゃん?そんでもって国際投資紛争解決センターが、うんうんそうね。そうしてもらおうか。と判断するじゃん。そしたらそうすることになるわけ。日本の法律を日本に関係ない国際投資紛争解決センターの決定によって変えなきゃいけなくなるわけ。


あ、ちなみに詳しく調べたわけじゃないから、間違ってたら教えてよ。ブックマークでな!(やらしい考え)


こんなことあっていいと思う?おれはこれヤバイと思ってるのよ。始まってしまえば、後戻り出来ないからね。この条項は外してほしいのよね。みんなはTPPどう考えてるんだろ?


おしまい