読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

あ~やっぱだめ。もう一人でいいや。

恋愛

okuです。もうだめ。

 

先週誕生日があって、その時に、いいなぁと思っている女性に「誕生日ブレゼントにランチしてよ」なんて言ってしまったんですよ。で、「お互いに時間が合えばいいですよ」って返事もらったんだけど、やっぱ誘えないんです。

 

なんかランチごときをすごく重く考えちゃうんです。老い先が短いというのは恐ろしいことです。もう次はないって思っちゃうんですよね。だから失敗したくないとなるんです。

 

誘ったまではいいけど、そのあとどうしていいかわからないんです。というか「いいですよ」なんて言われると思ってなかったし、そもそも憧れ的な存在で、言ってみれば、学校で1番の美人生徒会長に「ランチしてよ」なんてことを言ってしまった状況なわけです。

 

たとえがいまいちですが、ようは、到底そんな返事をもらえると思ってなかったところに「いいですよ」とキタもんだから、どうしていいかわからないわけです。

 

最初から「どうせ無理」と思っていたから、「誕生日で酔っていた」という状況がさせた「ランチへの誘い」への良い返答に返しが浮かばないわけです。

 

しつこいね。

 

いやでも、せっかく「いいですよ」と言われたし、なんとかランチくらいはしたいって思って、ずっとどうしようか考えていたんです。頭の中はぐるんぐるんなんです。いつ誘おうか、どこに食べに行こうか、いや、誘う前に色々聞きたい。せっかくだし好みのもの食べさせたいし。いやランチだけじゃなくて、そもそも聞きたいことはたくさんある。聞きたいというか話したいこと。そう思うなら聞けばいいのに、それすら聞けない。たとえばランチのことを聞いてみて「え?あれほんとに行くんですか?」なんて言われたらどうしようって考えちゃう。行動する前にネガティブにシフトしてしまう脳みそ。

 

で、結局誘ってからこんなに時間がたってるのに、ひとつも進展なし。連絡しようとしてやめて、連絡しようとしてやめての繰り返し。まったく生産性なし。無。ゼロ。バカ。だってこわいんだもん。

 

そもそも無理だと思ってたくせにランチに誘う暴挙にでておいて、それからこわいもなにもないだろうと思うかもしれませんが、こわいものはこわい。そもそもコミュニケーションがあまり得意ではないので、こちらから誘うなんてことが、まずない。ゆえにわからない。

 

頭の中で想像するんですよ。

 

もし万が一うまくランチに誘えて行くことになったとして、その場でおれはどんな会話が出来るのか。そこでうまく立ち回れるイメージが浮かばない。

 

さんざん考えた結果こう連絡しました。

 

「よく考えたけど、迷惑だと思うから忘れて」

 

たぶんランチに誘われたのを迷惑だと思ってるはず。考えて考えて、そういう結論になりました。おれ自分から誘うとかやっぱ無理かも。できない。