読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

アクセスほしいなら読者登録したりスターやブクマつけるのが良いのはわかるけど、なんでもかんでもは無理

okuです。

 

はてなブログは他のどのブログよりアクセスが集めやすいブログです。それは『はてなブックマーク』があるから。はてなブックマークを個人のブログで使えちゃう便利なブログサービスなんですね。

 

だからここでブログを書いていて、誰もが通る道に「アクセスを集めるにはブクマを多く集める」という気付きがあります。

 

そしてその気付きをエントリーとして紹介する。

『わたしがアクセスアップのためにした3つのこと』

『ハテブをもらうためにまずすること』

『まずは読者を増やすことからはじめよう』などなど

 

これ系のエントリーを見るといつもモヤモヤするんです。おれは出来れば萌え萌えしたい人なのにモヤモヤはストレス。

 

はてなブックマークをうまく集めると、はてなブックマークサイトで新着とか人気とかのエントリーとして紹介されるわけですが、そうするとアクセスは格段にアップするんです。

 

だからみんなこぞってはてブをほしがる。その過程で必ずみんな書いているのが

 

他のブログにスターやはてブをつけて巡回。

そして読者登録。

 

読者登録したら相手もしてくれるかもしれないという打算。数打てば当たる的な思考も。読者が増えれば、はてブの数も増える。そして人気のエントリーになりやすい。

 

こんな流れ。

 

ようは安定したアクセスを確保するために最初は興味ないブログでもどんどん読者登録して、はてブをすぐつけてもらえる環境を作ったほうがいいよって話し。

おれこれ出来ないの。うまく説明できるかわからないけど、ブログを書くにあたって、おれってアドセンスは貼ってるけど、アフィはほぼ貼らないし、やるつもりないわけね。苦手だし。アドセンスは赤字にならない程度にpro代を稼げたらよいと思って今はやってるけど、やっぱアドセンス中心だとアクセスがあれば比例して稼げるからアクセスはほしいよね正直。

 

でも読みたくもないブログの読者登録はしたくない。おれが読者登録しているのは、何かしら興味をもったひとたちのブログ。そうじゃないと更新ブログをチェックするときに読むブログと読まないブログを仕分けしないといけなくなる。そしてここが1番説明しにくいんだけど、そういうのはなんか違うと思うわけ。更新をチェックするのは、読みたいブログだけにしたいわけ。自分のダッシュボードをチェックして打算で読者登録した人の更新があるのはイヤなわけ。本物じゃないという感覚というか、充実感ともちょっと違う何か。満足感?それもなんか違う感じなんだけど、ブログを書くことだけじゃなくて、スターをつけることも、ブクマをつけることも、読者登録にも、嘘のない自分を出していきたいというか、そんな感じ。

 

やっぱうまく説明できないや。

 

 もちろん最初にそういうことを計算してやれば、より多くの人に読んでもらえる環境に出来るんだろうけど、それは他人を利用してる感じというか、自然発生的ではないというか、ようはイヤなわけ。やればいいのにイヤなわけ。

 

こんなことやってるからいつまでもブクマは増えないし、アクセスもしょぼい。おれだって「今月は50万PVで収益は21万でした」とか報告したいさ。でもそれを戦略的にやってしまうと、おれがおれでなくなるというか、嘘になるというか、ニセモノというか、やっぱ一言で言うとイヤなわけ。

 

やっぱうまく説明できない。

 

そんな感じだから、いまだにうだつのあがらないブログをちまちま書いているわけですが、これがおれだから仕方がないのです。やろうと思ったら出来るけど、やらない。覚せい剤だって手に入れようと思ったらすぐに手に入る。でもしない。そういう感覚に似ているかもしれない。

 

収入メインに考える場合は、そういう戦略はビジネスモデルってことだから、感情がどうのこうのってことじゃなく、稼ぐ最短コース的なものなんだろうね。ここに「ブログが楽しいから書いてる」という自分がいるから話しがややこしくなる。

 

商売に例えるなら、最初にビジネスモデルを作って、資金調達して、フランチャイズ化して儲ける商売が戦略的にブクマなどをしていくスタイル。おれのは、ある資金で小さな店舗を借りて、自力で内装を仕上げて、あとは口コミで商売をしていくスタイル。

 

もっと世の中をうまく渡っていきたいよ。

 

 

したっけ