読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

ゴルフ5にどんなホイールを履かせるか問題

okuですよ。みなさんお久しブリーフ。

 

先月はですね、記事を3つしか書いてないわけです。収支報告しておくと、毎月更新のプロ代ちょっと。当方1年契約なので一応黒字で推移しておりまする。

 

ホイールは18インチでしょ

ゴルフ5を買ったのは前回のブログで書いたわけですが、現物を見た次の日には出張でGWに帰ってきましたが、また今出張しているわけです。そのGWにホイールのマッチング会議をしたわけです。

 

naitoujinexpress.hatenablog.com

 

この車、純正が17インチ。タイヤは225の45。この純正ホイールを冬用にして、夏は18インチにしようとなりました。

 

18インチにすると、タイヤは225の40。けっこうタイヤは薄くなります。もちろんそれが望みです。むしろ薄くなくちゃいや。ゴムは薄いほうがいい。世の中の男性ならわかってもらえるはず。むしろ無いほうが…あ、タイヤじゃないゴムの話しはやめておきます。

 

PCDが112という特殊サイズ

日本の車ではないので、PCDが日本サイズではないのです。PCDというのはホイールをとめるナット座の直径で、日本の普通車なら114.3というのが一般的。100というのもありますが、112はないのです。

 

そうすると何が起きるかというと、合うホイールの絶対数が少なくなるわけです。新品を買う余裕があれば、112でオーダー出来るホイールもありますが、もちのロン、中古しか選択肢はありませんので、探すのが大変。

 

当然デザインもかなり限られてきます。「あの~女の子変えてもらってもいいすか?」「うちの店はチェンジ出来ないんすよ、お客さん」気に入らないデザインでも履かなくてはいけない状況なわけです。

 

ツライチがいいわけです

せっかく18インチを履かせるわけですから、やはりツライチでセッティングしたいわけです。そのツライチにセッティングするために会議をしたわけですが、参加者はご覧の4名。

 

  • いとこ(車屋オーナー)
  • 常連(ほぼ皆勤賞でいとこの車屋にいる準レギュラー)
  • 常連(今回内装の天井張替をお願いするお方)
  • おれ様

 

おれ以外はみんなサーキットで車を楽しむ方たちで、自分で車をいじってしまう方ばかりなのです。これは安心。明朗会計のキャバクラ並の安心感(行かないからイメージ)

 

この4名で、あーでもないこーでもないとツライチに出来るインセット(オフセット)を探していたわけですが、話しはとんでもない方向にいくのです。「え?女の子のドリンク別なの?!」というくらい驚きの展開に。

 

余ってるホイールを履かせよう

だいたい履けるホイールのイメージが出来てきて、履けそうな中古を探すわけですが、もちろんなかなか見つからないわけです。そんなときです。

 

「変換スペーサー使ったらどうだろ?」

 

変換スペーサーというのは、例えば今回の場合で言えば、112のPCDを114.3に変換してしまうもの。その手があったか!これさえあれば、日本にゴロゴロ転がっている114.3のホイールが選択肢に入るわけで、一気にホイール探しが楽になるのです。

 

114.3が大丈夫ならと、急きょ浮上した案がこちら。

 

いとこ「それなら19インチが余ってるわ」

 

え?19インチ?!

 

それって18インチよりも大きいんですよね?タイヤなんか40じゃなくて35になってしまうのでは?ゴムは薄いほうがいいと言ったけど、ほんとはすぐ終わってしまわないように感度を下げる目的もあって、ある程度ゴムの厚みはほしいかなぁ…あ、そっちのゴムの話しじゃなかった。

 

なんていうおれの意見は完全に無視されて、盛り上がる常連といとこ。

 

「合わせてみるか」

「うーん、ちょっとはみ出すかもしれんなぁ」

「スペーサーもっと薄いのないのか?」

 

なんて現物を合わせながら盛り上がるのです。この19インチなら余ってるから安く出してくれるというのはとてもありがたい。しかしタイヤ(ゴム)が極薄なのですぐホイールを壊してしまいそうでちょっとこわい。

 

そんな意見もガン無視で話しはすすみます。

 

「うしろはギリでいけるな」

「フロントは出ちゃうかぁ」

 

ここからがおかしかった。

 

おれ「入らないなら無理じゃない」

 

いとこ

「入るとか入らないじゃない、入れるんだ!」

常連さんたち「うんうん」

 

頭おかしいこいつらw

 

「もう少し車高を下げたら入るかも。車高調必須だわ。買え」

「入らないならボディーのほうを合わせたら(叩いたら)いい」

 

全員で同じ意見。いや、無理だろって、誰も言わない。

 

まとめ

というわけで、出張で自分の車がどんな風になるのか、まったく状況はつかめませんが、おれがいるときは19インチを履くということが決定したのでした。本当にボディからはみ出しても、19インチ構想を強行しそうでこわいやつらです。

 

常連さんたちも、いとこも言うのは

 

「とにかく攻めないと!」

 

おまいら何と戦ってるんだよwww

 

でもみんな車大好きでしかも詳しい人たちなのよね。任せておいて大丈夫なのです。いとこなんかは、十勝スピードウェイというサーキットでレガシーワゴンなのにすごいタイム出しちゃうの。道内で一番早いレガシーワゴンかも。そんな人たちなのでおれは安心して出張しています。車が出来上がるのがとても楽しみです。

 

最後にこれがその19インチホイール

https://www.instagram.com/p/BE73WE5kOtV/

 

 

はやく言いたい。言いたいよ。

「趣味はドライブです」

言いたいよ。

 

おしまい。