ひまつぶし

気になることを統一感なく

転売って言葉嫌い

okuです。

 

転売って言葉どう思います?

一般の消費者的な目線だとなんだか悪いことのような

印象がありませんか。

 

転売なんかでぼろ儲けしやがって、みたいな。

 

でもね。

 

でもですよ?

 

世の中の小売業ってみんな転売ですよね?

 

八百屋は自分で野菜作って売ってませんよ

農家が作った野菜を仕入れて利益を乗せて売るわけです。

 

靴屋さんは靴を作って売ってませんよ

各メーカーさんが作った靴を仕入れて利益を乗せて売るわけです。

 

もちろん自社で完結している小売りもありますよ

ありますとも。でも小売店ってほぼほぼ転売ですよ。

 

転売が悪いイメージになったのって

コンサートチケットとかの転売のせいすよね?

そのほか限定のものを売る目的で買い占めとかね。

ほかにもあるかもしれないけど

思い付きで書いてるからもう思い浮かばないけど。

 

あと最近で言えば無在庫販売とかね。

 

例えば在庫を持たないで、あるサイトで売っている商品を

画像などを拝借して違うサイトで販売して

売れたらその商品を買って客に売るとか

販売店から直で客に送るとかね。

 

ちなみにだけどアマゾンとかメルカリとか

そんなのばっかりだけどね。転売ばかり。

 

でも売れればそれはそれでいいんだと思うわけです。

需要と供給が合ったということなんで。

 

買った客は安く売っているところを知らない。

もしくは時間がないから見つけたものを買った。

様々な理由で需要と供給は合ってしまったということ。

 

ようは買う人がいるところに商品を提供するってのは

商売の基本であって普通の小売りも俗にいう転売も

中身は一緒なわけですし

 

なんでもかんでも転売は良くないと思っている人がいるなら

それは考えを改めた方が良いかと。

毎日のように利用しているコンビニもスーパーも転売ビジネスですよ。

 

利益を乗せて商品を売る。技術を提供する。

これなかったら働いてる人はどうやって給料もらうのよ。

 

思うに転売とおれおれ詐欺を同じような空気感で

悪いイメージにしてしまったことが悪いわけですよ。

 

人をだましてお金儲けをしてるみたいなね。

 

もちろんおれおれ詐欺は完全なだましだけど

サイトからサイトへの転売なんかは

だましてわけじゃなくて高く売れるところへ

売れる価格にして売っているだけ。

 

なんも悪いことじゃないと思うんですよ。

 

ようするに何が言いたいかというと

 

「おれも転売してみよー」

 

したっけね。

やっとブログを書ける環境になりまして。

okuです。

 

ブログ書く書く詐欺で書かないものだから

誰だおまえ的なokuです。

いや、最初から知られてなかった、ごめん。

 

ほんとしばらく書かない時期があって

ほかの方のブログを読むこともしていなくて

読者になっていたおもしろい人たちのブログが

見れなくなってるのがちょっぴりさみしいですね。

 

あとアドセンスとかの仕様変更とかあったのかな?

これまたしばらくチェックもせずにいたら

とんでもないくらい収入が激減してましてwww

 

そういえばアマゾンも少し減ってきてたし

 

きちんと見直ししないとね。

 

それにしてもアドセンスに何があったんだろう?

見れなくなってるブログも

アドセンスと何か関係があるのだろうか。

 

(書 い て な い で 調 べ ろ よ)

 

はいw

この超可愛い『 猫のしょうゆ小皿 』を紹介したい。

okuです。今日は猫の話題です。

 

なぜかというとブログのアクセスで悪戦苦闘している地元のブロガーがいまして、彼は造園のプロで、センスのたかまりだと思える感じのプロなんですが、ブログへの意識はまだ初心者なんですよね。ブログのランドスケープは見えないようです。(誰がうまいこと言えといった)

 

そんな彼の悩みが詰まったエントリーがこちら。

www.ohakuma.com

ようするに悩みをまとめると

  • ブログを書いてるけど、思うようにアクセスが集まらない。
  • 集まるのは本業のエントリーではなく猫のエントリー

 

やっぱ発信してるわけですから、アクセスは気になりますよね。アクセスって後からついてくるもんなんですよ。それは後で説明しますね。

だって本題は猫のしょうゆ皿だから!

あぶなく本題そっちのけでお悩み解決ブログを書くとこでした。あぶなかった。彼のブログの人気エントリーは猫ばかりだというのを読んで、

「うんうん。猫は鉄板だよな」

と思ったからこそこれ書いてますから!

 

f:id:naitoujinexpress:20180326221501j:image

 見てくださいこのお皿。超可愛くないですか?

 

しょうゆを入れると猫が浮かび上がる。このお皿見つけたとき思わず声が出ましたから。「なにこれ~。可愛い~。」そして値段も見ないで4個注文(笑)

 

 この猫皿のすごいところ

こいつがすごいのは、しょうゆの量を選ばないところなんです。ほんの少しのしょうゆでも大量のしょうゆでも、大きさが変わるだけで猫がきちんと浮かび上がる。使ってるうちに、しょうゆは減っていきますが、ずっと猫なんです。

 

まぁお宅にも1枚どうぞ。猫が好きなら常備すべきアイテムですよ。

 

まぁ、猫が好きじゃないって人もいますよね。

そんな人も大丈夫。可愛いの揃ってます。さぁお買いなさい。

 

さて、お悩み解決しましょう

猫のしょうゆ皿を世の中にアピール出来たので、もう満足です。あとは彼のお悩みを解決できたらと思います。

 

まずは意識改革

ブログを書いているとアクセスがほしくなるんです。そしていろいろ検索すると

  • 毎日書いた方がいい
  • 専門分野に特化したほうがいい

などと偉そうに講釈しているブログにたどり着いちゃって、洗脳されちゃうんですよ。んでもって、ネタもないのに無理やり更新しようと、内容の薄いブログを量産してしまう。

 

でもこれ違うと思うんです。

 

それでどうなるか

自分が読者ならどう思う?ってことです。ちなみにおれは彼の猫のエントリーをひとつも見たことがありません(笑)それより本業寄りのエントリーを見ます。なぜかというと、そこにはおれの知らない世界があるから。本人は当たり前と思っている専門分野の話題は知らないおれには新鮮だから。もちろん逆のひともいるんでしょうね。

 

もちろん個人のブログなんだし、何を書いてもいいんです。でも読まれたいなら、意識したほうがいいことがあるんです。というか、おれが意識をしていることがあるんですね。

 

うちのブログは雑記で、何かに特化してるわけではなく、自分が感動したことを共有したいなぁってくらいのぬるいブログなんだけど、やっぱ共有するには読まれないといけないんですよこれが。

 

タイトルは検索を意識する

まずはこれ。はてなって検索強いので、検索されたいワードをきちんと盛り込んだタイトルを意識的に考えるってことをするんです。そうすると検索上位になったりする。たぶん彼も意識はしてきていると思います。最初のころよりタイトルがわかりやすくなってますから。

 

自分が検索してみて、「あ、これ見たい」と思えるタイトルにしようってことです。

 

うちで一番稼いでいるエントリーはこんなタイトルです

naitoujinexpress.hatenablog.com

 

 当時は村西とおるについて熱く語るブログなどなく、村西とおるWikiよりも検索上位でした。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/naitoujinexpress/20160125/20160125231139.jpg

※当時のスクショ

 

書いたエントリーは財産

これ大切。書いたらそれでおしまいでは、もったいない。例えばこんなの

www.ohakuma.com

 

チューリップというワードで評判が良いエントリー。ほかにチューリップのエントリーがあるなら、このエントリー内にそのチューリップのエントリーのリンクを貼るとか、新しく2018のセットリストが出来たら書き足していくとか、ようは書きっぱなしではなくて、それをいつも新鮮に見てもらえるように育てていくという感覚。

 

いまチューリップを検索して、このエントリーが目に入ったときに「2018セットリスト追加」と書いてあれば、クリックしたくなると思いませんか?

 

このエントリーを育てるってのが、内容の無いエントリーでは無理なんですよ。だから書きたいことをきちんと書いてほしいわけ。

 

書いた当日のアクセスは気にするな

説明したことは、ようするにアクセスを稼ぎたいなら、検索が大事ってことなんです。毎日書けっていうのは、まずはエントリーをいっぱい持っていないと検索にもひっかからないから、ある程度書いてボリューム出せってことなんです。うちのブログもほぼ検索からのアクセス。

 

ある程度もうボリュームが気にしなくても良いほど書いている彼が考えないといけないのは、記事のブラッシュアップ。検索されるようにするとか、検索されてからきちんと読まれるようにするとかを考えようって感じかな?精査して良いものにしていこう。

 

リンクを貼ったエントリーはリンク切れがないか確認ね(おれしてないけど)

 

まとめ

たしかに猫はアクセス稼げるんですよ。だから猫は猫で続けつつ、本業のエントリーはきちんと育てていくという感覚で書いてほしいなぁって思います。自分のブログを書いているというより、コラムを書くとか、頼まれて記事を寄稿するとか、そんな意識で書くのもいいかも。ターゲットを初心者にしてすそ野を広げたいのか、上級者に素敵な情報を発信してあげたいのかその辺は統一するか、エントリーごとに「初心者向け」「上級者向け」って書いてあげるとかしてもいいかもね。

 

長々と書きましたが、彼のお悩みエントリーへの想いは、このブックマークコメントに込められています。

 

このブログの考察と、これからの展望について - おはなうえるくまらいふ

アクセス稼ぎたいなら、猫とおっぱい。これ定説です。

2018/04/02 10:05

 

 

あれ?まとまってない?

いいのさこれ個人ブログなんだから。