読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

10周年で新作映画をやるARIAというアニメはおれの生き方を決めた人生の指針的アニメ

みなさん「ARIA」ってアニメご存知?

どんなアニメかというと
物語の舞台となるのは、テラフォーミングされ水の惑星となった未来の火星、アクア。そのアクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の観光水先案内人を目指す少女、水無灯里とその周囲の人々の四季折々の日常を描いている
ウィキペディアより)

説明を見ても面白味がひとつも伝わりませんね。火星を開拓して住んでしまうSFのような説明にも見えなくもないですが、まったく違います。SF要素一切なし。そしてもうひとつないのが

一切の盛り上がり要素なし!




ん?え?盛り上がらない?
そうなんです。

ついでに敵も味方もいません。火星だというのに非日常要素は一切ありません。

あるのは

ただただ繰り広げられるウンディーネ(観光水先案内人)たちの日常。本気で日常のみ。これでアニメを4ールも続けた名作中の名作。

これでも知らない人にはよくわかりませんよね。

このアニメを的確に説明してくれている動画がありますので紹介します。1クール目の「ARIA The ANIMATION」の説明です。

このじいさんのレビューは的確すぎて最初に見たときは

「何者だ?このおっさん!すげー理解してるwww」

と声を出してしまいました。


このアリゾナの老人が言うように、ARIAには物騒な出来事がひとつもないのです。時がゆっくり流れる幸せな時間をすごすことができます。観た事がない人には、とにかく一度観てほしい。疲れている人もそうで無い人も、このアニメの中で淡々と繰り広げられる日常が現実の日常を忘れさせてくれるという摩訶不思議な現象を体験してほしい。

先日酔っ払って書いたブログで書いたように、幸せというのは大きさではなく数。naitoujinexpress.hatenablog.com

このアニメには幸せが超たくさんちりばめられています。
日常のどこにでもあるたくさんの幸せを感じられるようにしてくれたのが、この「ARIA」というアニメなんです。今穏やかに生活出来ているのはこのアニメに出会ったから。コレがなければ今頃生きていないかもしれません(わりとまじで)


そんな「ARIA」ですから根強いファンがいます(もちろんわたしも)アニメの放映が2005年に始まり、2008年の3年間で4クール放映されたわけですが、放映終了から7年。放映開始から今年でちょうど10年を迎える現在でも「ARIA」は現在進行形で心の中にいつもいるのです。過去にならないアニメなんです。

原作が終了していますし新作の放映はもうないとわかりつつも新作があったらいいなぁと想い続けるファンも多いのです。そんな想いはスタッフも同じようで、この放映開始10周年を記念して、まさかの新作映画が作られました!!!この発表はほんとにびっくりしました。まさかの新作ですから。もうないと思っていた新作ですから。新キャラまで登場ですから。



ARIA The AVVENIRE 本予告 - YouTube


ところが北海道では札幌でしか上映されないんですよ。私の住む場所は200kmほど離れているので車ですっ飛ばして2時間ほど。遠いよー。ここでやってよー。ここでやってくれたら何度も観たいのに。200kmも離れてたら仕事の関係上1回しか行けないよ。ほんと残念。でも前売りはゲットしました。1回でもいいです。超たのしみ。近所の本屋でほしいなぁと思う本を悩んで悩んで、何度も足を運んで、結局買わないようなわたしが、躊躇なく前売りを予約して札幌まで足を運びます。「ARIA」がどれだけ大きな存在なのかおわかりいただけたでしょうか(笑)


あー楽しみ。楽しみがあるっていいですね。生きる活力ですね。「ARIA」最高ですね。おじいちゃんになっても「ARIA」とともに生きていこうと思います。