読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

「性欲の強さ」チェック(20問)

くだらない日記 恋愛 アイデア

f:id:naitoujinexpress:20151113204525j:plain

okuです。みなさん毎日えっちなこと考えていますか?えっちなことを考えるのは悪いことではありませんよ。健全です。

 

書き始めて思ったけど、「えっち」って言葉便利ね。ここで「セックス」のこと考えてますか?と書いたら、「セックス」限定になってしまうのに、「えっち」と書くと、男女の関係のセックス以外の交流も含まれる感じがしません?それぞれが持つ「えっち」という言葉の意味が曖昧というか、えっち=セックスではなく、やらしいこと=えっちの方がニュアンスが近いからなんでしょうね。ほんと便利。

 

えっちという表現は明治時代から存在したみたいですけど、セックスをマイルドにした表現として「エッチする」と表現したのは、明石家さんまと言われていますね。ちなみにえっちというのは「Hentai」の頭文字の「H」からきています。

 

有名人が発信元の言葉って意外とあるみたいですね。明石家さんまといえば「バツイチ」という言葉も彼がきっかけで出来た言葉ですし、「逆ギレ」とかは今では当たり前に使ってますけど、松本人志が使い始めた言葉ですもんね。「元カノ」とか「元サヤ」とかは、とんねるずです。

 

とんねるずは影響力がすごかったんですね。他にも「ツーショット」という言葉もとんねるずですし、「~みたいな」みたいな話し方もとんねるず発信。草食系男子とかで使う「~系」もとんねるずですよ。この人たちすげ~なぁ~。「彼氏・彼女いない歴~年」という言い回しも彼らです。ほんと当たり前に使ってる言葉で、改めて調べてみてびっくりです。

 

芸能人ではなくて、もっと違う有名人にもスポットを当ててみましょうか。夏目漱石って知ってますか?(バカにしてんのか?)彼が広めた言葉もありますよ。みなさん完全に昔からある言葉だと思って使ってるはず。

 

「バケツ」

 

これ夏目漱石が産みの親ですからね。バスケット(かご)という英語に「馬穴」という当て字をしたのが夏目漱石。馬や牛のお尻に桶をつけて糞を採取して肥料にしたのが由来という説もありますが、このエントリー有名人縛りなので、夏目漱石を採用。

 

ニューハーフ」という言葉も今では当たり前に使ってますね。これの起源は桑田佳祐なんですよ。

 

「あけおめ」「メリクリ」は所ジョージ。「マイブーム」はみうらじゅん

 

有名すぎて忘れそうになってたけど、じゃんけんで「最初はグー」という全国統一基準を作ってしまったのは「志村けん」

 

あれ?なんの話しだったっけ?

 

あ、性欲チェックですよ!脱線しすぎです。下のサイトは超マジメな「専門家が教える(ヘルスケア)Q&AサイトのDoctors Me」ここであなたの性欲をチェック出来ます。性欲があるのは悪いことではありません。至って普通。

 

doctors-me.com

 

ちなみにおれの結果は「ふつう」くっそつまんない。「え?ま、まじで?い、医師に相談ください」くらいの結果がほしかったのに「ふつう」

 

たしかにそんなに重要視していないと、改めて考えてしまいましたよ。こんなことでは男としてダメです。もっと性欲を前面に出して生きなくてはいけませんね。

 

 

よし!今週えっちしよう!

 

こんな風に宣言でもしないと気持ちが奮いたたないあたり、「ふつう」のレッテルを貼られる原因なんだと思いますけどね。「おまえ言うだけでほんとはしないだろ」と見透かされてる感はんぱないっす。

 

そういえば有名人の新語でまだまだ浸透していないものがあります。おれが注目しているのは出川哲朗先生の

 

「リアルガチ」

 

リアクション芸を極めた彼だからこその言葉。「おれのやっていることはリアクションでお客様を喜ばせること。リアクションは嘘ではないが、本当とも言えない。しかし、そんなおれでもガチで伝えたい本当の真実がある。それが「リアルガチ」である。」

 

という説明はどこにもありませんが、おれが勝手にそう思っています。

 

リアルというのは「本物」。これを出川哲朗先生は「本当の」とか「本当に」というように使うんですね。リアルは出川哲朗先生の口癖だったりします。そこに「ガチ」をプラスすることで「本当に本当に本当なんだって!」というような最上級の強調になるわけです。

 

リアルガチを哲学の側面から考察するむきがある。そんな中でおれが好きなのはこれだ。

 

実際のところ、「リアルガチ」という言葉が何を意味するのかは定かではない。ただ、リアルでしかもガチなわけだから、「強烈なまでのリアル」かつ「絶対的なガチ」という解釈の仕方ができるだろう。

 

意味などどうでもいいのである。出川哲朗先生が言う「リアルガチ」は「リアルガチ」なのである。これどうしてもっと普及しないんだろう?すごく便利なんだけど。これ以上ない真剣な場面で使ってほしいです。

 

「お、おれと結婚してください!!!」

「リアルマジ?」

「(え?!)リ、リアルマジで・・・」

「OK」

「リアルマジで?」

「リアルマジ」

 

 これからも推していこうと思うので

来年あたりは流行語大賞になってほしいです

 

おしまい