読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

2歳児にタバコを吸わせる動画。羽渕 駿 & 伊藤 絵理香 騒動に思う核家族問題。

くだらない日記 ニュース

okuです。かなり大炎上していますので、知っている方も多いと思いますが、タイトルのふたりによって、3歳児にタバコをくわえさせる動画がアップされました。

 

アップされたのはフェイスブック。もう特定されている様子なので隠しても意味が無いので当ブログでも実名を使用します。

 

フェイスブックは登録していないと中身が見れない場合がありますので、youtubeに転載された動画をご覧ください。

youtu.be

 

ご覧になりましたか?当ブログでは「許せない」とか「虐待だ!」とか、そういう視点ではなく、どうしてこういう事案が生まれてしまうのかを、ちょっと考えてみたいと思います。資料などみないで思うことを書いていきます。いつもそうだけど。

 

3世代同居時代

その昔、自分を視点に考えて、両親、その祖父母と、3世代が同じ家に住むことが多い時代がありました。嫁姑問題なども昔からあったと思いますが、嫁というのは、そういうことも耐えて、自分たちを育ててくれました。「うちの料理の味付けはこうなのよ」「隅にほこりがあるじゃない。掃除は丸くしないで四角くするものよ」毎日のように言われます。

 

子どもが産まれても「おしめは布じゃないとダメよ。紙おむつなんてもってのほか」と言われ、せっせとおむつを作って、布おむつで子育て。「頭が同じ方向ばかりで寝かせたら形がいびつになるじゃない。こうやってタオルを置いてやって頭の向きを変えてあげるのよ」と言われせっせと面倒をみる毎日。

 

「なんか自分で子育てしてる気がしない」と思いながらも、姑には逆らえず、言われることに従うのです。でもそれは知らないことが多いから。一通り経験してきている姑には、未熟に見えるのです。

 

しかし、そういう毎日を過ごしているうちに、その家庭のルールや、一般常識を知らずうちに身に着けているのです。そして子育てに関しても同じです。

 

姑の考えは古いと思いながらも従う時代。それが3世代同居時代。

 

核家族化

仕事面で共働き、転勤などが増えるなどのライフスタイルの変化で、親との同居が困難になってきたり、長男は家を継ぐといった考えも、3世代同居で苦労した世代が、自分の子どもには苦労させたくないといった理由でなくなりつつあり、核家族化が進んできました。

 

こうなると、今まで姑が教えてくれていた家事や育児の経験を、自分たちだけでなんとかしなくてはいけないことになってきます。

 

負担は嫁にきます。料理を教えてくれる親は一緒に住んでいません。子育てを教えてくれたり、手伝ってくれる親は一緒に住んでいません。初めての経験をすべて自分で解決していかなくてはいけない時代になってきました。

 

今までは大事に至らない段階で姑が教えてくれたことも、自分たちで気付いて解決することになります。3世代同居を経験している世代の核家族は、それでも経験則で、なんとかこなせる部分がありました。

 

ですが、今は核家族の経験しかない世代の「核家族」の時代になっています。

 

これは何を意味するのか

どんどん大変だと思うことを省いてきて、自分の子どもにも大変なことをさせたくないと思って子育てをして、大変なことを経験してきていない世代が、大変なことを知らないまま大人になっているわけです。娘とお友だちのような関係のお父さん。何でもやってあげてしまう親。給食費を払ってるんだから「いただきます」は言わなくていいという親。学芸会では主人公が何人もいるし、もう大変。

 

ひょっとしたら被害者なのかも

今回の問題のふたりは、そんな時代の被害者なのかも。ちょっと調べたら何でもわかる時代でもありますが、調べないと何もわからない時代。少子化で大事に育てられて、肝心なことはすべて親がやってくれて、見た目は大人になっているけど、実は何も学んでいない。いや、学ばせてもらっていない。学ぼうという思いすら浮かばない環境で育ってきているのかも。それでも親になれる時代。

 

でも親

こんな虐待じみたことしても、やっぱ親は親です。この大炎上がきっかけで、いろんなことを学んでほしいです。責任というものを実感してほしいです。過去の投稿などを見たら、たぶん子どもは可愛いと思っているんですよね、このふたり。ただ可愛がり方を知らないのかもしれません。ハサミや包丁を危ないけど使わせてみるというのは子どものためを思ってやること。タバコを吸わせるのは子どものことじゃなく自分たちが楽しいだけのこと。おもちゃじゃないんだからもうやめなさいね。

 

おしまい

 

 追記


逮捕されたのね。報道みて子どもが2歳児とわかったので、タイトル訂正しました。女の子は付き合ってる子だったようですね。母親ではないのか...