読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

気になることを統一感なく

クリスマ

okuです。そろそろ時期ですし、街も赤と白のそれ一色になっていくでしょう。イルミネーションもキラキラして、素敵な夜を…

 

ちょっとまって。おれ「クリスマ」までしか書いてないからね。今日はクリスマスの話しじゃないから。そんなの中止!中止!今年は中止!おれが紹介したいのは

 

クリスマフィリア

 

最近の当ブログのアクセス傾向として「エロい」人が多く流入していることが判明しましたし、あっちの話しだから。

 

naitoujinexpress.hatenablog.com

 検索ワードをご覧にいれます。

2話 ドラマ プリズンスクール 22.37%
ドラマ プリズンスクール 9.21%
1話 ドラマ プリズンスクール 7.89%
村西とおる  3.95%

 

これを書いた時点での検索ワード。エロいこと考えてる人ばかり。最近ではこれに「道になりたい」が加わり、変態度がより増しております。

 

naitoujinexpress.hatenablog.com

 久々のホッテントリもご覧のようなタイトル。中身は芸能人発信の新語トリビアばかりなんだけどね。とにかくもうおれに残された道は「エロい」ことを書いていくということ。苦痛だわ~(喜)

 

この性欲チェックを見つけたきっかけを思い出せないまま、またもやエロい世界をさまよって、色々と聞きなれない言葉を仕入れてきましたよ。そのひとつが先ほど紹介した「クリスマフィリア」他にもコプロフィリア、クレプトフィリア、クレマスティストフィリア、シトフィリア、アントロポファジー、エメトフィリア、エキシビショニズム、ウロラグニア、デンドロフィリアと、もうあげたらキリが無い。

 

ようは、異常性欲の名前なんです。専門用語では、性的倒錯(せいてきとうさく)、あるいは性嗜好異常(せいしこういじょう)。上のカタカナは日本語にしてしまうとあまりに異常で、おれが引いてしまうので詳しい説明はやめておきますが、性的嗜好というのは、思いも寄らない範囲にまで及ぶのだと知りました。上の性欲チェックで「ふつう」と診断されたのは正しかったんです。おれ「ふつう」でした。

 

軽症

フェティシズム

「フェチ」というやつですね。足だのお尻だの身体の一部に性的魅力を感じるものだと思っていましたが、物品だったり、生き物だったり、洋服や外見だったり、状態などに性的魅力を感じることもフェティシズムらしいです。思ったよりも深い。たぶんフェティシズムの中にも軽症、重症があって、重症寄りのものを異常性欲に分類するのだと思います。例えば、男性が女性の衣服を着ることで性的興奮を覚えるとか、リアルなダッチワイフに性的興奮を覚えて「嫁」と言って人間のようにお世話するとか、そういうことなんじゃないかな?

 

露出

これもたぶん軽症の部類。裸にコートみたいなやつ。見せて、相手が驚いたり、恐れたりすることに興奮するんでしょうね。け、軽症か?

 

窃視症

見られてる人に、ばれないよう覗きをすることですね。最近話題になった彼もこれですね。これも軽症です、軽症。

naitoujinexpress.hatenablog.com

 

たぶん中等症

重症とまではいかなくとも相当異常な部類として紹介。

ペドフィリア

小児性愛ですね。ロリータ。11歳以下の女の子、男の子、もしくは両方を対象にした性的嗜好。

 

サドマゾヒズム

いわゆるSMです。縛ったり、苦痛を与えたり、またはその逆。ノーマルの性行為の刺激剤的なものは軽症と言っていいかも。たぶん本気の苦痛などがないとダメな人がいるんでしょう。こわい。

 

重症

中等症までは、体験してなくとも、なんとなく理解の範囲内の性癖だったりするが、重症ともなると、そうはいかない。まったく理解出来ないところに性愛を感じるようなのだ。え?どうしてそこ?何がいいの?と思ったら「ふつう」だと思っていいはず。

 

だってもう対象が人ではないんだもん。

 

 ・エメトフィリア(嘔吐嗜好)
・ネクロフィリア(死体フェチ)
・アガルマトフィリア(人形フェチ)
・フォミコフィリア(昆虫性愛)
・ラクタフィリア(母乳嗜好)
・メノフィリア(生理血嗜好)
・ボレアフィリア(殺戮フェチ)
・シンフォフィリア(大規模自然災害フェチ)
・オートネピフィリア(赤ちゃんなりきりフェチ)
・アスフィクシオフィリア

(脳を低酸素状態にすることで性的興奮を得られる嗜好)
・アポテムノフィリア

(肉体の切除、欠損に性的興奮を感じる嗜好)
・ウロフィリア(尿嗜好)
・エストペクトロフィリア

(鏡に映ったものに性的興奮を感じる嗜好)
・オートアサシノフィリア

(自分が殺されることに性的興奮を覚える嗜好)
・クリスマフィリア

(浣腸行為を見ることで性的興奮を感じる嗜好)
・シトフィリア

(食物を使った性的行為で興奮を感じる嗜好)
・タナトフィリア

(死を連想させるものに性的興奮を感じる嗜好)
・デンドロフィリア

(樹木に対して性的興奮を感じる嗜好)
・カニバリズム(人肉嗜好)

 

サイバーメガネさん

もう書いててよくわからなくなってきた。樹木性愛ってなんだよほんと。埋葬性愛ってのもありましたよ。ここで気になるのはサイバーメガネさん。これ書いてて、あの衝撃のエントリーが頭をよぎりました。

 

cyberglass.hatenablog.com

 

これも衝撃だったけどね。

 

cyberglass.hatenablog.com

 

さいとうさんの場合は、どこに分類されるのだろうと思いまして、ちょっと検証してみます。

 

 昨日もネットウォッチしていたら、「のんびりSMパートナーを募集しています」という投稿を発見した。「奉仕系、スパンキング等打撃系嗜好のMです。あと大丈夫なのはAFや浣腸、縄等です。のんびりSMパートナー探している人いませんか」と書かれてあった。何となくその投稿に興味を持って、女性に連絡してみた。

 

こんな書き出しのエントリー。これを見てまずMの人に興味を持って連絡していることから、さいとうさんはSの嗜好がより強いと推測できます。

 

 私が排泄系が好きなことは話してあって、まず最初に自己紹介も兼ねて排泄系の話をした。

 

この文章とその後の行為で、アノレクタル(異物肛虐愛)であり、クリスマフィリア(浣腸愛)であることがわかります。

 

私が排泄物を食べているのではないかという誤解も根強いですが、それは大きな間違いです!最近はあまり食べていません。そもそも一定量以上の排泄物を食べると、排泄物は大腸菌など危険な菌の塊なので肝炎や肝硬変のリスクが急激に高まります。そのため食べるときには抗生物質が必須。まだ渋谷近辺で抗生物質を処方してくれる病院を見つけていないので、最近は食べることが出来ずにいます。おしっこはほぼ無菌ですが。

 

食べるという行為が出てくるので、コプロフィリア(糞便愛)も加わります。憶測ですが、最後の一文で、ウロフィリア(小便愛)の可能性も否定できません。

 

まとめ

さいとうさんは、サディズム(加虐性愛)で、アノレクタル(異物肛虐愛)で、クリスマフィリア(浣腸愛)で、コプロフィリア(糞便愛)で、ウロフィリア(小便愛)という性癖がある明るい健康的な会社社長で、良識的なブロガーである。

 

おしまい。

 

 

追記

 

良識派のブロガーでおなじみさいとうさんから追加情報をいただいた。

web.archive.org

もっとくれ。もっとくれと言われているような気がしたので調べてみた。

 

 私は妊婦さんがけっこう好きだったりする。妊婦さんやボテ腹の二次元・三次元の画像を集めることが好きだ。母乳も好き。私は他にも、浣腸、排泄、お漏らし、黒のロングブーツ、催眠、洗脳、コスプレなども好きだ。生殖とは離れたところで、生殖よりもむしろ「体内物」「ブーツ」「精神」を愛することによって興奮を強める事が出来る。

 

追加情報は妊婦母乳黒のロングブーツ催眠洗脳コスプレ

 

黒のロングブーツとコスプレは「フェティシズム」の洋服を対象にする性的嗜好であろう。しかし、コスプレをするのが好きなのか、見るのが好きなのか、その格好で性行為をするのがいいのか、破きたいのか、撮影したいのか、この情報だけでは範囲が広すぎて特定はできない。黒のロングブーツに関しては、ブーツに性的興奮を覚える人物を知っているので、さほど驚きはしなかった。いや、驚くのだけど、理解も出来ないんだけど、免疫があったということ。この黒のロングブーツに関しても、情報は足りない。黒のロングブーツを見るだけでいいのか、踏まれたいのか。おれの知っている人物はブーツにかけたい(これで察してください)と言っていた。ほんと理解できませんが。

 

妊婦に関しては、メイシオフェリア(妊婦性愛)ということになるのかと。そして、ラクタフィリア(母乳嗜好)。

 

催眠や洗脳は、性愛の観点から思考すると、サディズム的な要素なのかもしれませんね。追加情報により、カタカナの肩書きがまた増えてしまいました。